そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

【ネタバレあり】映画『ジョーカー』ムカつくやつらがだいたい死ぬ多幸感

映画『ジョーカー』を見てきた。前評判で見聞きした陰鬱さや暗さよりも、後半のカタルシスが気持ちのよい痛快な映画だった。

f:id:tonkotutarou:20191007002734j:plain



(※ネタバレを気にしないで書く)

 

そもそも、僕はバッドマンシリーズ自体を全く知らない。実写映画もほとんど見ない。
直近で劇場で見た実写映画は、『山田孝之3D』と『ライ麦畑の反逆児』だけである。あと、『ハナレイ・ベイ』も見たっけな。あれはイマイチだったな。

興味を持った理由は、単純にこのツイートが良かったから。

僕はこういうやさぐれた人々が狂気に落ちていく作品が好きです。

で、実際に見てみたらどうだったか。


いや、むしろなんかハッピーな映画だったと思うんですよね。
だって、「こんなやつ死んだらええねん!」って思うような奴ら、だいたい全員死ぬじゃないですか。 
で、ゴッサムシティ、小学生がプレイするシムシティみたいなハチャメチャ感でしょ。ストライキ!市の福祉施設閉鎖!嘘ばかりの市長候補!スーパーラット!そりゃこんなんどうしようもないやんけ、となってしまうでしょ。しゃーない。誰も悪くない。街が悪い。
誰も悪くない以上、あとは主役であるアーサーがただただ狂っていくところをワクワクしながら見守るしかない。他人の不幸は蜜の味である。現実の人間の不幸を楽しむのは悪趣味だが、映画は虚構だから純粋に不幸を楽しむことができる。人の不幸でメシが三倍食える。食欲が出てくるのはよいことである。
「いつ、なぜジョーカーになってしまったか」を見届ける映画であることは明らかなのだから、あとはジョーカーになるタイミングを思いっきり楽しむしかないわけだ。


全編を通じて陰鬱な映像ではあるものの、じわじわと道を踏み外すように犯していくアーサーの殺人自体が、ある種の謎解き的な小さなカタルシスがあった。
まずあのウォールストリートガイたち、全員死んでいいでしょ。ああいう電車で酔ってウザ絡みするサラリーマン集団、アメリカにもいるんやな。アーサー、なんかリボルバーなのにめっちゃ打ちまくってたけども。どこまでがホンマか分からなくなるけども。

続いて、アーサーが手にかけるのが育ての親である。
アーサー自体が信頼できない語り手であり、このシーンに至るまでは母親、「父親らしき人物」との確執と、何度も何度も頭を揺さぶられるような展開が続く。だから、観客の目線で見れば、この母親に関しては憎むに憎めない人物ではある。カルテという客観性のある証拠はあるものの、精神疾患のシングル家庭が養子を引き取れるもんなのだろうか。母親の歪みと、アーサーの歪みが相互に噛み合って、何が正しいのかがわからなくなる。でもまあ、アーサーを不幸にする人だからね。殺されちゃうよね。そういうものだ。

そのあと、励ますという口実でやってきた銃を渡した元同僚もばっちり殺されてしまう。そういうものだ。このシーンはちょっとグロかったから目をつぶっちゃった。血、苦手なんですよね。マシュマロを噛むシーンとかに差し替えてくれないかな。この同僚についても、アーサーとの間では利害関係も相まって微妙にお互いの認識が食い違っている。でも、まあコイツが銃を渡さなければ、アーサーが失職することも無かっただろう。そもそも善意で他人に銃を渡すもんなのだろうか。
で、このシーンで明らかになるけど、少なくともアーサーに対して理不尽に振舞わない人々は殺されないんですよね。それは、このシーンでの小人の人もそうだし、妄想の恋仲だったソフィーもそう。このソフィーも、スクリーンから眺めている我々からしたら、ずっと不気味な存在(だって、尾行する人を好きになることって無いだろう)だっただけに、妄想だと分かったシーンはスッキリしたよね。カタルシスだ、カタルシス。

そんな小さなカタルシスを繰り返して、やってくるこの映画最高のカタルシス。いやー、待ってましたって感じ。ジョーカーとしての彼がTVショーに登場し、自分の正体を明かし、そんでもってムカつく司会者の頭をしっかりと吹っ飛ばす。カタルシスですよ、カタルシス、こんなときじゃないとあんまり使わない単語だから、使いまくりたいよな。
人々が映像に感化されて暴徒と化す。ジョーカーを連行するパトカーには救急車が突っ込んでくる。ムカつく警察官は死ぬ。そういうものだ。そして、ムカつく市長候補もピエロの集団に銃殺されてしまう。ヒュウ!そういうものだ。あの子供、絶対バットマンになるんだろうなー、って思ってたら、本当にバットマンになるんですね。関係ないけど、バットマンのマークって福砂屋のロゴに似てるよね。
終盤のこの一連の流れは、ピエロの仮面をかぶった人々によって引き起こされる。
人々は言うまでもなく、この「街」の「人々」である。ピエロが運転する救急車は「街」のセーフティネットだし、ムカつく市長候補も、ジョーカーではなく「誰でもないピエロ」によって殺される。この一連の流れ自体が、ジョーカーが特別な存在なのではないことを裏付ける感じがある。なんっつーか、街が牙をむいている感じというか。

で、この映画ってオチもすごく丁寧な気がするんですよね。アーサーが精神病棟に居るシーン。
これって、ちゃんと「これは全部妄想かもね!よかったね-!」と観客を現実社会に戻す配慮じゃん。めちゃくちゃ娯楽的な映画じゃないですか。


いや、もちろん暗い映画だったとは思う。
弦楽器をフューチャーした劇伴は映像に合って陰鬱だし、映像はストーリーに合わせた演出で構図をバッチバチにキメたダーティなテイストだし。
やたらと、車窓越しのシーンを多用するじゃないですか。終盤の、ぶっ壊れた街を見るジョーカーのシーンが印象的だけど、それまでもたくさん使われるあの車窓、ガラス越しのシーン。アーサーが使う公共交通機関は、いつだって自分と他人をごっちゃに運んでいくものなんだなあと。そういや、アーサーがピエロのメイクをしているときにも、いつも鏡があるんだよね。
こういう映像の意図、先日『Filmmaker's eye』という本を読んだので、ちょっと注目して見た。教養の無さを思い知ったわけだが。もっと詳しい人の解説を読んでみたい。

 

Filmmaker's Eye -映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方-

Filmmaker's Eye -映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方-

  • 作者: グスタボ・メルカード,Gustavo Mercado,平谷早苗,株式会社Bスプラウト
  • 出版社/メーカー: ボーンデジタル
  • 発売日: 2013/09/03
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

いや、マジで映像良かったな。普段実写を全然見ないのでよくわかんないんだけど、実写映画の映像ってこんなにカッコいいの?もっと実写映画を見たくなる。

 

前評判で「疲れているときに見ると引っ張られる」「社会情勢を反映した陰鬱な映画」というような意見を散見したが、そこまででもなかった。
むしろ、明らかな虚構・娯楽とするための設定や見せ方へのこだわりが強くないですか。
舞台となるゴッサムシティが、小学生のプレイするシムシティのようなハチャメチャ感であることもそうだし、テレビ局から電話がかかってくる終盤の展開もそう。
だいいち、現実に生きる僕たちの人生は、映画ほどドラマチックでもなければ悲劇的でもない。ただただ、狂人と凡人のはざまでくすぶりながら、境界線を越えられずに過ごすばかりじゃないですか。
ただ、全体を通じてみたら明らかな娯楽なんだけど、アーサーが狂っていく過程で遭遇する理不尽、妄想をひとつひとつ切り取ってみたとき、そこには決して笑えない悲痛な側面がある。

「ピエロの笑いのほとんどは、玉乗りで転んだときのように、受け手の目線よりも下になったときに成立する。そして、ピエロは同じ間違いを何度も繰り返して、人々を安心させる」
といった趣旨のことを、さだまさしが「道化師のソネット」のライナーノーツで書いていた。
『ジョーカー』の主人公であるアーサーが笑いを獲得するシーンは、その全てがそういう「ピエロ」の笑いである。そして、その全てが、アーサーの意図しないところで生まれるものである。
疲れている人が見ると、引っ張られるのは、おそらくそういう部分ではないか。

 

全体を通じて、「入り口」と「出口」がある礼儀正しい娯楽作品だと思った。
ただ、個人的に怖かったのは、なんかこの映画が社会派扱いされている点にある。
「この映画を見て影響される人がいるに違いない」と考える人たちが、僕たちの周りにはわりとたくさんいることである。
それは言い換えれば、「少なくとも自分は虚構と現実の区別がついている」と自己分析できる人たちでもある。
その自信と、他者との間に安易に境界線を引く姿勢が、僕には少し息苦しい。そのくせに、「影響される人がいる」と考えること自体が、すでに虚構と現実を混同する行為ではないかとも思う。
こういう映画が与える影響を想像する社会というのは、いささか息苦しいと思う。
そういうことを語るための感想文じゃないから、ここでは言葉を尽くすことはしないが。疲れてきたし。

 

 

それにしても、ワーナーブラザーズの公式サイト、爆裂に酷いな。

wwws.warnerbros.co.jp

カメラバッグEnduranceプロデューサー、中原一雄さんのトークショーを聞いてきた

カメラリュック「Endurance」シリーズのプロデューサーで、プロカメラマンの中原一雄さんのトークショーを聞いてきた。
中原さんは国内トップレベルの撮影情報・カメラ情報メディアの「studio9」の運営者であり、カメラ雑誌やCP+にも登壇するインフルエンサーでもある。
中原さんが手がけるカメラリュック「Endurance」はカメラマンのこだわりが全面的に反映されたまさにカメラ好きの理想のバッグであり、僕も今年の7月から愛用している。現状、ネット販売限定のため、実物を比較できる機会はめったにない。

そんな中原さんが大阪のリコーイメージングスクエアで、Enduranceシリーズの展示販売会とトークショーをやるのだという。大変貴重な機会だ。この好機を逃すわけにはいかない。
というわけで、Enduranceを背負って中原さんのトークを聞いてきた。
Enduranceシリーズの開発経緯、Enduranceシリーズの使い分け、もっと便利に使うための小技といった話を聞かせていただいたので、紹介していきたい。

カメラバッグ Enduranceとは

Enduranceは、写真情報メディアのstudio9運営するプロカメラマン、中原一雄さんがプロデュースするカメラバッグブランドである。

 

Enduranceの外観

Endurance公式ページより引用(https://www.endurancecamera.jp/

街中で普段使いできるデザインに加えて、機材だけでなく普段の荷物やノートPCなども入る収納力と、機材の出し入れのしやすさといった、カメラをやる人ならだれもが抱く理想がすべて詰め込まれたワガママ仕様のカメラバッグだ。

用途に合わせたバリエーションが魅力

2016年の発売以降、ユーザーの声をフィードバックしつつバリエーションを拡充しており、現在までに

 

タウンユース向けの「Endurance Ext」 

 

望遠レンズや出張向け荷物も収納可能な大容量タイプの「Endurance HG」 

Endurance カメラバッグ HG (ブラック迷彩柄)

Endurance カメラバッグ HG (ブラック迷彩柄)

 

 

カジュアルに普段使いするスリングタイプ 

 

他にも、 スマホポーチなどがラインナップされている。

細かな使用感、こだわりについての詳細は、studio9さんに大変細かくまとまっている。

photo-studio9.com

まんまと普段使いしてしまう圧倒的な使いやすさ

僕もタウンユースタイプのEndurance Extを7月に購入し、今では通勤も含めてどこに行くにもEnduranceを背負っている。

ユーザーが多すぎて被ることと、羨望とやっかみを込めて「カメラクラスタランドセル」とか言ってたくせに、いざ買ってみたら自分も毎日背負ってしまっている。近所のラーメン屋に行くときも特に意味なく背負ってたりする。

 

使ってみるとよくわかるのだけれど、プロカメラマンとしての仕事経験と、カメラメディアを運営する過程で多くのカメラバッグを使ってきた中原さんのこだわりがぎっしりと詰まったバッグと言える。いいバッグですよ、ほんと。

取扱はネットとリコーイメージングスクエアだけ

そんなEnduranceだが、 現在はAmazon・楽天・yahoo shopといったECサイト経由での購入が基本となっている。
studio9さんが全モデルを細かくレビューしてくれていることや、ユーザーの多さ・評判、レビューの多さから、購入の不安感は無いものの、できれば実物を見て購入したい人もいるだろう。

現在、実物の展示・販売はリコーイメージングスクエア(新宿・銀座・大阪)のみとなっている。

Enduranceのプロデューサー、中原一雄さんとは

 中原一雄さんはプロカメラマンで、写真情報メディアのstudio9の運営者でもある。

photo-studio9.com

studio9は個人が運営する写真情報メディアとしては国内最大手と言っても過言ではない超有名サイト。
撮影テクニックや写真用品を紹介していて、PR記事でもメリット・デメリットを中立的に紹介してくれている。
「絞りってなに?」という写真初心者から、カメラで仕事をされている方まで、すべての人にとって参考になるメディアってなかなか無いと思う。
写真やカメラについてググったらとりあえず行き着いてしまうサイトだ。

そんな豊富なレビュー経験から、中原さんはデジカメwatchや各種カメラ雑誌、ムック本といったカメラ関連媒体にも多数寄稿されている。
また、カメラ入門書『写真のことが全部わかる本』も出されていて、こちらも大変好評とのことだ。 

 

個人的には、中原さんのtwitterでの情報発信が大変ありがたかったりする。カメラ関係の話題のRTが多すぎず少なすぎず網羅されてるので、中原さんさえフォローしていれば気になる情報はおおむね掴むことができる。と思う。

Enduranceトークショーの内容

さて、そんなEnduanceが9月21日から三日間、リコーイメージングスクエア大阪とコラボし、製品の展示・販売会を開催した。


しかもプロデューサーである中原一雄さんも登壇するのだ。行かぬわけにはいかない。
当日は11時と14時の2回トークショーが開かれ、僕は14時からの部に参加した。

 


座席は20席ほどだったがトーク開始前には埋まってしまっていた。年齢層は30代以降の方が中心、ほとんどが男性だったと思う。

 

トークショーのタイトルは「Enduranceカメラバッグを使った機材収納術」
中原さんのカメラマンとしての仕事スタイルに触れつつ、

  • Enduranceの開発秘話
  • 私のEndurance使い分け
  • おすすめ機材収納TIPS

の3つをテーマにゆるくお話いただいた。

 

まずは中原さんのカメラマンとしての経歴についてのお話。
化学メーカーに勤めていた際に始めたカメラにのめりこみ、週末に専門学校に通うなどしてノウハウを身に着けたのちに、カメラマンとしてのキャリアをスタートさせたのだという。
その頃から、
「ほかの写真家と違うことがしたい」
「撮ってる人に対して情報発信して『写真って面白いよね』といった気持ちを持ってもらう。プロカメラマンと一般のカメラマンの間を取り持つ、今風にいう『エバンジェリスト』のような存在でありたい」

という思いがあって、studio9をライフワーク的に運営されているとのことだ。
もちろん、普段から撮影の仕事もあるそうだが、ブログやレビュー執筆のためのノートPCを持ち歩いてのノマド的な執筆作業、打ち合わせも多くなる。

中原さんの撮影スタイル

モニターを撮るときにリフレッシュレートを考えなかったアホが撮った写真です



そういった仕事スタイルに合わせたバッグを模索していた2016年頃、「カメラバッグを作りませんか」と提案をいただいて作ったのがEnduranceなのだという。

hstudio9さんのEnduranceの記事によると、構想期間は7カ月だそうだ。

Endurance誕生

えーっと、SSを1/120に設定すればよかったんだっけ。そういやモニターもRICOHだ

この初代Enduranceは当初からネット販売かつ、studio9での紹介記事がメインの宣伝手法で、ブロガーやyoutuberにデモをお願いすることもなかったとのこと。
しかし、販売初期から口コミやレビュアーに恵まれ大ヒット。今日までのシリーズ展開につながったわけだ。中原さんのこだわりとそれを実現したメーカーさんの努力の賜物だと思う。すごいよなあ。

その後、前述のように大容量タイプの「HG」、通勤から撮影まで幅広く使える「Ext」、近所の散策などの普段使いに使える「スリング」と、バリエーションが広がっていき、中原さん自身も使い分けて使用しているのだという。

 

Endurance HGとPENTAX645

PENTAX645と望遠レンズを飲み込むEndurance HG


もっともサイズの大きなEndurance HGならば、PENTAXの誇る中判一眼レフ、PENTAX 645と望遠レンズたちもこのように収納されてしまう。
GRIIIなら多分20台は入ってしまうだろう。


このEnduranceの使い分けに関してはstudio9の記事に中原さん自身がまとめていらっしゃる。
Enduranceを買ってカメラバッグ沼を脱出できたと思ったら、Endurance沼に叩き落されるという恐ろしい記事だ。

 

 

Enduranceはプラスアルファの収納術でさらに使いやすくなる

そんなEnduranceのセミナーの中でも、受講者の心をぐっと掴んだであろう内容が、「おすすめ機材TIPS」

この機材TIPSでは「Enduranceとショルダーバッグの組み合わせ」として、thinkTANKphotoのフバフバハフニーを紹介されていた。

フバフバハフニー

突然出てきた他社製品に困惑したのは内緒だ

Enduranceはリュックのため、機材を出し入れする際はどうしてもレンズを出し入れする動作が発生してしまう。
結婚式のスナップ撮影など、複数のレンズを使い分けたいシーンなどでは相性が悪い。そんなときに、レンズ数本が収納できる仕切りがある小さなカメラバッグを組み合わせることで、機動性を担保することができる。

実は個人的にこの使い方をすでに採用していたりする。ミラーレスを使い始めた当初に買ったPercfermeの小さなボディバッグタイプのカメラバッグを、Enduranceに放り込んでいる。
(このPercfermeもstudio9さんの紹介記事で知った。販売中止が惜しまれる)


この、フバフバハフニー、受講生の方からも好評で「Enduranceでもショルダーバッグを作ってほしい」という声も挙がっていた。
展示会場にはメーカーの担当者の方も来られていたので、本当に開発されたらいいなあとひっそり期待してしまう。

もっとも、Enduranceにはリュックタイプの弱点であるアクセス性を解消するアイテムとして、「Enduranceスマホ&アクセサリポーチ」もラインナップされている。

 

Endurance カメラバッグ用カメラアクセサリー&スマホポーチ

Endurance カメラバッグ用カメラアクセサリー&スマホポーチ

 

 レンズキャップをはじめとした撮影小物や、スマホを収納し、リュックのショルダーベルトに取りつけることで、バッグを下ろさずに出し入れをすることができる。

Enduranceポーチn仕様図

ツイ廃的にはここにモバイルバッテリーを入れたくなってしまう


僕もEnduranceを普段使いしていて「家の鍵やイヤホンの出し入れがちょっと面倒だなあ」と思うときも多かったので、正直ずっと気になっていた商品
他社のカメラバッグでも流用できることから、展示会販売分はこの日のうちに完売してしまっていた。

 このほかにもTIPSとしては、小物類のまとめ方やまとめるべき小物類の紹介や、ライトスタンドの収納術も紹介されていた。Endurance HGなら、多少無理をすればライトスタンド2台と三脚を持ち運ぶこともできるのだという。腰が死にそうだ。

TIPSに関連して、Enduranceのお手入れ方法として、定期的な撥水スプレー(フッ素タイプ)の使用についても言及されていた。Enduranceは防水ではなく、撥水生地を使用されている。撥水性の維持のために、3~6カ月に一度は撥水スプレーで手入れするのが良いらしい。そろそろ買わねば。

1時間のトークだったが、すっかりEnduranceが欲しくなってしまう内容だった。既に持っている僕でも、スリングやポーチなどのラインでそろえたくなってしまった。
何がカメラバッグ沼脱出だ!沼の入り口ではないか!

 

Endurance担当者の方ともお話できた展示会

トーク終了後も中原さんやメーカーのEndurance担当者の方も常駐されていて、来場者の方との意見交換・質疑応答をされていた。

Enduranceのカラーバリエーション

通販でカーキにするか悩んだ記憶が思い起こされる

展示スペースでは、Endurance Extのカラーバリエーションも網羅されていて、比較・購入できる状態になっていた。ポーチとずいぶんにらめっこしたけど、我慢、我慢。。。
いま僕が使っているEndurance Extは黒だけど、こうやって見てみるとほかのカラーでもよかったかなあ、と少し思ってしまった。

展示スペースでEnduranceの担当者さんの方に愛用させていただいている旨をお話して、疑問点をちょっとうかがう。
Endurance Ext、普段から通勤や遊びのおともに活用しているのだけれど、使っているうちに上下2気室の間、ちょうど半分のあたりでバッグが折れ曲がってきてしまうのだ。ノートPCを入れているときは気にならないものの、いざカフェでパソコンを開き、ふとバッグを見てみると、ふにゃふにゃとした状態になってしまっているときがある。どうしたものだろうか。

担当者さん曰く、軽量化とのバランスで背中の芯材を抜かざるをえないのが理由らしい。うーん、軽量化が理由なら仕方ないですよね。
実際、Enduranceは海外製の他社バッグと比較しても重量が軽めになっている。そのおかげで普段使いができるようになっているわけだ。このあたりはトレードオフだから仕方がない。
そしてそんな話をしている間にも続々とポーチとバッグが売れていってるようだった。いいぞいいぞ、欲しいぞ。

 

最後に、中原さんと少しお話して(コミュ障なのでブログの掲載許可しかうかがえなかった)、写真展示やPENTAX製品を眺めてきた。
大阪のカメラメーカーショールームの中でも、リコーイメージングスクエアはお客さんとスタッフさんの距離感が近い気がしていいですね。

PENTAXマグカップ

オリジナルマグカップが可愛かったです。

Enduranceが愛される理由がよくわかるトークショー

Enduranceがカメラマンに受け入れられ、愛されている理由がよくわかるトークだったと思う。

中原さんのプレゼンの仕方も朗らかかつさわやかで、1時間のトークの間に中だるみもなくってあっという間に感じられた。きっと中原さんの写真教室もこんな感じで分かりやすいのだと思う。いいなあ。

 

僕はEnduranceを使い始めてまだ2カ月だけど、今年買ったものの中では一番いい買い物だったと思っている。
Enduranceを普段使いしていると、弁当や水筒を持ち運べるようになったので食費が減った。Enduranceを買えば食費が減るのでEndurance Extは実質無料である。

上述の通り、Enduranceを販売している場所はまだ限られている。
リコーイメージングスクエアでは一部Endurance製品を常設で展示・販売されているとのことなので、興味を持った方はぜひ足を運んでみたらいいと思う。